2011年 08月 28日
神奈川県立 生命の星・地球博物館
昨日は、夏休み最後のイベントとして神奈川県立生命の星・地球博物館に行ってきました。
友達の紹介で、息子が楽しめるのでは!?と紹介で(笑)
ここは地球の歴史と神秘が満載の博物館で、巨大な恐竜から極小の昆虫まで約1万点の実物見本があります!

到着したのが開館30分後でしたが、8月最後の土日、そして朝は天気が悪かったせいか
思ったより人出が少ない・・・。でも見る方からすれば空いている方が、じっくり見れて嬉しい限りです(笑)


T-レックスことティラノサウルス。私は恐竜も好きなんです(笑)
流石の迫力でした!最新の研究では、このティラノサウルスには毛が生えていたとの事・・・だとするとカッコ悪過ぎorz
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/13  AV:4.0 ISO:640
a0132656_6515042.jpg




化石・剥製のフロアを上から見下ろす。中央はディプロドクスの化石。大き過ぎて近くでは入り切りません(汗)
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/25  AV:4.0 ISO:640
a0132656_6535149.jpg


隕石や結晶も展示されています。その中で私が1番興味をもったのが “蛍石” です。
キヤノンのLレンズで一部のレンズで使用されていますね!
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/125  AV:4.0 ISO:800
a0132656_22523639.jpg


なんと!蛍石は暗くすると薄っすらですが光るんです! 知らなかった・・・。
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:0.8  AV:4.0 ISO:1000
a0132656_6544516.jpg


ここでは、虫の標本を使って雑木林を再現。
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/13  AV:4.0 ISO:640
a0132656_22533439.jpg


クヌギに集まる昼の昆虫たち。
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/10  AV:4.0 ISO:640
a0132656_22534969.jpg


こちらは夜の昆虫たち。標本を使っているので実にリアルです!
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/8  AV:4.0 ISO:640
a0132656_2254282.jpg


こちらは巨大な本が並ぶフロア。
この巨大な図鑑は絵や写真ではなく標本を使っているので楽しいです!
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/80  AV:4.0 ISO:640
a0132656_655363.jpg


タカアシガニの標本でこの本の巨大さが分かるでしょう(笑)
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/200  AV:4.0 ISO:640
a0132656_6554614.jpg


特別展で「およげ!ゲンゴロウくん~水辺に生きる虫たち~」を開催。
絶滅危惧のタガメや東京・千葉・神奈川では絶滅したゲンゴロウ・・・もう野生では、まず見れないですね・・・。
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/160  AV:4.0 ISO:400
a0132656_655591.jpg


実際、水槽に居る虫や、写真、標本、DVD放映など水生昆虫が満載でした。
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/125  AV:4.0 ISO:400
a0132656_656971.jpg


息子は、ここの水生昆虫のコーナーが今日の本命(笑) 普段中々見れない水生昆虫をよ~く観察していました(笑)
Canon EOS 5D / EF24-105mm F4L IS USM
TV:1/40  AV:4.0 ISO:400
a0132656_6562167.jpg


ここで紹介した博物館の内容は、勿論ごく一部ですが、
恐竜の化石だけではなく、動物・昆虫・花・石など色々なものが展示されているので大人も楽しめました!
[PR]

by umajin | 2011-08-28 06:59 | 日常


<< ジャンピングスパイダー      完全体へ >>