2011年 11月 08日
樹液の枯れた木で
昨年、樹液が豊富に出ていて、何時行ってもカブトムシがいたクヌギも、
今年はスッカリ樹液が涸れてしまい、カブトムシの姿はもちろん、その他の虫も殆ど見ませんでした・・・。
しかし最近になり、このクヌギでスズメバチを見かけるようになりました。
樹皮をかじって樹液が出るようになればな~と思ってました(笑)
ある日、遠くから見てみると、普段見かけない2頭のチョウが停まっていました。
近づいてみると・・・クロコノマチョウ!?
樹液が枯れてしまったと思っていた木から吸蜜をしているではありませんか!
樹液は昨年のように表面には出ていませんが、奥には染み出ているのかもしれません。
また来シーズンは樹液をたくさん出して、色々な虫たちを集めて欲しいものです!

クロコノマチョウ【黒木間蝶】
Canon EOS-1D Mark Ⅳ / EF100mm F2.8L Macro IS USM + PRO300 1.4X DGX   
TV:1/100  AV:4.0  ISO:400
a0132656_22101779.jpg




この2頭は、目の前まで接近しても、全く逃げようとしないで吸蜜をしていました(笑)
Canon EOS-1D Mark Ⅳ / EF100mm F2.8L Macro IS USM + PRO300 1.4X DGX   
TV:1/50  AV:5.6  ISO:400
a0132656_22104451.jpg


2011/10/8撮影
[PR]

by umajin | 2011-11-08 05:55 |


<< hungry?      小雨の中 >>