2014年 07月 07日
180mmマクロ
虫相手の撮影では、近づけなかったり、近づくと逃げられてしまうことも・・・。
今まで、何度も悔しい思いをしてきました(×_×;)
今回、安曇野で使用した180mmマクロ。
ワーキングディンタンスが長いので、少しでも悔しい思いを減らし、撮影できればと思い導入しました(^^)
使用した感じは・・・手振れ補正も強力なので、手持ち撮影が出来ます!
三脚を使うのがベストですが、装着している間や高さ向きなどを調整している間に逃げられてしまうんですよね(^▽^;ゞ
それに、三脚の脚が虫が止まっている草や近くの草などに当たって、逃がす原因にもなります・・・。
手持ち撮影ができるとその点が解消されますし、アングルも自由が利きます!
ただ、長時間持っていると重いですね(゚Д゚;)
長時間持った後の何日間かは首と肩が凝っています(笑)



SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
a0132656_1747054.jpg




Canonの100mmマクロと比べてみました。かなり大きいですね。
重さは、180mmが1,640g、100mmが625gなので1キロ以上の差が・・・。
a0132656_17494180.jpg


フードを外して比較。180mmはフードが大きいですね。
a0132656_17495827.jpg


ボディに着けるとこんな感じです。
a0132656_17543278.jpg

リングライトが着けられないのが難点でしょうか・・・
安曇野では、通常のストロボを使用していましたが、上からの照射になるので状況よっては影が出てしまいます。
ストロボについては、今後の課題です!
因みに、上記ボディと180mmマクロ、ストロボのセットで3,6kgです(^▽^;
[PR]

by umajin | 2014-07-07 06:24 | 機材


<< 瑠璃色が美しい 「ルリカミキリ」      遠征! 「安曇野で出会った虫た... >>