2015年 03月 04日
久々の虫2種 「ヒロバフユエダシャク/イナズマハエトリ」 
大分ご無沙汰をしてしまいました(^▽^;ゞ
前回の記事がクリスマスツリーとは、我ながらビックリです(笑)

大分寒さも和らいできましたね!
今日、自宅前の児童公園に行ったところ、オオイヌノフグリが咲いていました(^^)
春を感じました!

その児童公園で息子が見つけた虫2種をアップします。
1種はヒロバフユエダシャクです。
“フユシャク”は晩秋から早春に成虫が発生し、♀は翅が退化して飛ぶことができません。
これは、寒さに対して体温を奪う翅を縮めるという進化ではないかと推定されているようですが、
翅が無い、短い蛾って面白いですね!

もう1種は、イナズマハエトリです。
体長約3mm程度。息子が「ここにハエトりが蚊を捕食しているよ!」と木の幹を指差すのですが、
老眼の私には中々見えませんでした(汗)

今日は、暖かかったので虫も活動したのでしょうね。
私もボチボチ活動開始ですかねぇ・・・。


ヒロバフユエダシャク♀
a0132656_21453042.jpg











イナズマハエトリ
a0132656_2148815.jpg

撮影日:2015/3/4
[PR]

by umajin | 2015-03-04 21:50 |


<< 激務の合間に 「スプリングエフ...      クリスマスツリー >>