2015年 04月 09日
要注意! 「フタトゲチマダニ」
虫撮影でフィールドを散策する際、スズメバチやアシナガバチ、ヒル、マダニなどに注意します。
特にアシナガバチには1度刺されているので、アナフィラキシーショックで死んでしまうかも・・・なので(^^;
ハチの襲撃の多くは、知らずのうちに巣に近づいてしまった為でしょう。
餌を摂っているハチは、それに夢中になっていて、まず襲われる事はないと思います。
ヒルもそれほど気にする事もなく、付いてしまったら虫除けスプレーを掛けるとポロッと簡単に取れます。
ただ、その後、咬み痕からは暫く血が止まりませんが(^^;

私がその中で1番気にしているのがマダニです。
噛まれて吸血されても、かゆみや傷みを感じないというので気づきにくいですし、
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)など死者が出る危険な病気を媒介するので。
毎回、フィールドから家に戻ると、シャワーを浴びて着替えるよにしています。

今年のギフチョウ撮影時でも、マダニチェックは欠かせません!
草むらへ入った時などには、息子とお互いをチェックし合います(笑)
すると・・・何とお互いに1頭づつくっ付いているではありませんかっ!
これを見てしまうと、これからの季節は暑いですが長袖長ズボン必須となりますね(^^;
後は、ディートが入っている虫除けスプレーでしょうか(ディートはマダニに有効だそうです)

皆様もフィールドへ行かれる時は、マダニに注意してくださいね(^^)


フタトゲチマダニ
私のズボンに付いていたフタトゲチマダニ。
a0132656_1171126.jpg




枯葉へ降ろして撮影(笑)
a0132656_117429.jpg

息子のズボンにも。このズボンではマダニが付いても分かりづらいので、次回より明るい色ものが良いかも(汚れも目立ちますが)
a0132656_11832.jpg

撮影日:2015/3/22、3/29
[PR]

by umajin | 2015-04-09 11:12 |


<< 棘の鎧 「トゲアリ」      激務の合間に 「スプリングエフ... >>