タグ:OM-D E-M10 M.ZUIKO ED60mm F2.8 ( 14 ) タグの人気記事

2014年 10月 07日
エロ目(笑) 「アカハネナガウンカ」
この日は、八王子のフィールドへ行ってみました。
特に、目的があった訳ではないのですが、何となく(笑)
もう虫は減ってきていて、この日もこれといった虫には中々出会えませんでした。
「何かいないかなぁ~」と息子と話をしながら、目を凝らして探していると・・・
アカハネナガウンカが1頭、ちょこんと止まっていました(笑)
久しぶりの出会いでした!
「こんなに小さかったっけ?」 と、以前見た時よりグッと小さく感じました。
小さいので近寄りたいのですが池がある為、これ以上踏み込めません(^^;ゞ
1頭いるということは、もっと撮りやすいところにもいるかもしれない・・・と、辺りを探すと、
いました~! あちこちに点々と確認できます(笑)
しかしながら、やはり足元は水辺なので思うようなアングルで撮れませんでした。
またチャンスがあったら、時間を掛けてじっくり撮りたいと思います。


アカハネナガウンカ
この目の形が特徴!マンガで表現される“エロ目”みたいでユーモラスですね(笑)
a0132656_22501024.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-10-07 23:24 |
2014年 09月 27日
イッシキキモンカミキリを探しに(後編)
前回の続きです。

散策も前半を終了。
後半は、来た道を戻るのみ・・・。
車に戻るまでは散策が終わっていないと言いつつも、半ば諦めムードです(T-T)
脇道があればそこへ入り探してみるも、それらしい姿は見つからない。
そして、とうとう止めた車が見えてきてしまった・・・。

ん?私の車の近くで、一人の男性が念入りに葉を覗いている。
これは、イッシキキモンカミキリに間違いない!
その男性に、何を探しているのか?と尋ねたところ、やはりイッシキキモンカミキリでした!
しかし、下に落ちて見失ってしまったようで、もう既に姿はありませんでした・・・。
えーーーーー!!そんなぁ~orz
愕然としていると、息子が 「イッシキキモンだ!葉脈を食べている!!」 と叫びました!
息子の指先を見ると、確かにイッシキキモンカミキリ(♀)でした!
この模様は間違いようがありません(笑)
しかも、近くにもう1頭♂がいるではありませんかッ!
この2頭は、先ほどまでいた個体と違うとのこと・・・と言うことは4頭もいたのか!
しかし、非常に撮り難い所にいて近づけませんし、人の気配に敏感なカミキリらしいので慎重になります!
片手で手を伸ばしての大変な撮影となりました(汗)

朝、車を止めた時も、此処は確認したのですが(^▽^;ゞ
その男性曰く、この日の朝は涼しかった為、今頃(昼前)になって動き出したのだろうとの事でした。

しかし、またもや最後の最後、しかも自分の車の近くにいるなんて(笑)
諦めてはいけませんね!


イッシキキモンカミキリ♀
葉脈を夢中で食べています。
a0132656_22273350.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-09-27 23:21 |
2014年 09月 13日
山梨遠征! 「クジャクチョウ/キベリタテハ」
山梨遠征の2日目です(^^)
朝起きると、青空が広がっていました~が、昨夕まで降った雨のせいで、伐採木はびっしょりorz
これではカミキリは無理と判断し、時間を空けてまた来てみる事にしました。
ここから標高を上げると、ヒヨドリバナに乱舞するアサギマダラが確認出来ました!
しかし、アサギマダラは過去にお腹いっぱい撮影しているので、時間の節約の為スルーです(^▽^;ゞ
更に奥へと進むと、ヒョウモンチョウの類いの中にクジャクチョウを発見!
本当はキベリタテハを撮りたいと思っていましたが、クジャクチョウは一応撮っておく事に(笑)
ただ、ヒヨドリバナがの目線の高さまであり、ファンダーを覗いて撮影すると、開帳した翅を真上から撮れません(汗)
こうなったら、液晶画面が可動する一眼に変更です!
カメラを掲げて液晶画面を下向きにし、それを見ながらの撮影をやってみました。
普段、液晶画面を見てシャッターを切らないので、中々思うように撮れませんでしたが、
こういう状況だと、頑張れば使える機能だと今更ながら認識しました(笑)
クジャクチョウを撮り終え、更に山道を走ると車に驚いて飛び立つキベリタテハが何頭もいるではありませんか!
しかし、どの個体も止まるのはアスファルトやコンクリートの上・・・。それではでは絵にならないんですよね~
一応、証拠写真は撮りましたが、キベリタテハはまた撮り直しが必要です(~_~;)

クジャクチョウ
a0132656_2114245.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-09-13 21:32 |
2014年 09月 03日
下山後には 「キスジトラカミキリ/カラカネハナカミキリ 他」
8月3日は息子と金峰山へ登山しましたが、この時は虫目的ではありませんでした(^^)
本当に虫は全く探さずでしたが、下山後はそうはいきません(笑)
花が咲いているポイントがあれば、車を止めて何か来ていないか確認!
その中でも小型の虫たちで賑わっている花がありました。
花全体を見渡すと・・・今春見損ねてしまったキジマ キスジトラカミキリが来ているではありませんか!
他にもカラカネハナカミキリなど、ハナカミキリの類いやジョウカイの類いがたくさん来ています!
しかし、目線以上の高さにいる個体が多く、撮影に苦労しました・・・。
カミキリが低い花に降りてくるのを粘りに粘って待っていた為、私らの脚はブヨに刺されまくりで痒いの何の!!
結果的に撮影できたので、その代償として思えば我慢です(笑)


キジマ キスジトラカミキリ
a0132656_7124836.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-09-03 08:21 |
2014年 08月 30日
息子が撮影 「トラカミキリ」
私が出掛けている時、息子から電話がありました。
家の前の公園にトラカミキリがいるとの事でした。
トラカミキリはマイフィールドで毎年のように見れるので、特に珍しい訳ではありませんが、
家の前の児童公園で確認できたのは初めて。
念のため、カメラの設定を教え撮っておくように伝えました。
電話でカメラの操作を教えるのは大変でしたが(笑)
しかし、トラカミキリが居るところは想像以上に暗かったようで、撮った画像を調べてみると
シャッター速度が1/6~1/30秒の間・・・。
しかも、居る位置も息子からすると高かったようで、手を伸ばしきっての撮影だったそうです・・・。
道理でブレ写真ばかり( ´艸`)ププッ
その中で、見れる写真のみアップいたします!
見てやってください(笑)


トラカミキリ
トラカミキリが樹液を舐めている所は初めて見ました。図鑑にも後食しないような事も記されていますが・・・。
a0132656_22502166.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-08-30 23:25 |
2014年 08月 28日
羽化後のセミ 「ミンミンゼミ/アブラゼミ」
今日で3日目、気温の低い雨の日が続いています。
週末も雨予報…虫散策はその次の休みorz
虫散策に影響が出なければ良いのですが。

さて、今回の記事です(^^)
出掛けた帰り道、丁度セミが羽化していそうな時間帯でした。
今回は、羽化をずっと撮っている時間も気力も無いですし、以前撮っているので気合も入りませんね(^▽^;ゞ
という事で、羽化してじっとぶら下がっているセミを証拠写真程度に撮ってみました(笑)


ミンミンゼミ
黄緑色の体に透明の翅が美しい。
a0132656_22523297.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-08-28 23:11 |
2014年 08月 27日
まるで折れた小枝 「コブスジサビカミキリ」
息子が家でカミキリを見つけました。
見てみると7~8mmくらいの小さなカミキリでした。
老眼の私には、小さくて一瞬カミキリかどうかも分かりませんでしたけど(^^)
小さくて分かりづらい事もありますが、このカミキリの色形が面白いのです!
一般的なカミキリは、丸みを帯びた円筒形ですが、このカミキリは角ばっています(笑)
しかも、全体的には褐色ですが、頭の先と尾の先は明るい茶色となり、更に尾の先は凸凹しています。
まるで折れた小枝のように見えるんです!
小枝に紛れていたら、まず見つけられないでしょうね・・・。

分かりやすいように、明るい幹につけての撮影です。
その為、逃げ回ってこれ以上のショットはありません(^▽^;ゞ

コブスジサビカミキリ
a0132656_67457.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-08-27 06:30 |
2014年 08月 21日
こんな所に!? 「モートンイトトンボ」
私の家から歩いて7~8分の所に池があります。
20歩くらいで1週できてしまうくらいの小さな池です。
以前から息子に「そこの池にモートンイトトンボがいる」と言われていました。
モートンイトトンボを調べてみると、環境省では準絶滅危惧種に指定され、神奈川県では絶滅危惧Ⅰ類となっていました。
そんなトンボが住宅街の中の小池にいるなんて、俄に信じられませんでした。
しかし、「尾の先がオレンジだ」など、間違いないような事を言うので試しに行ってみました。
池に着くと、すぐに息子が 「あっ!いた」 と言ったので半信半疑で覗いてみました…。
それは、間違いなくモートンイトトンボでした!
尾の先がオレンジで美しいイトトンボ。
しかも、見える範囲に4~5頭は確認出来ます!
息子は前々から観察していたようで、「前は体色が黄緑ではなかった」と未成熟個体の色を言っています。
色々調べていく内に、この池に偶然にいたわけでなく、何年も前から発生していると分かりました。
モートンイトトンボが自宅近くの小池に生息しているなんて何とも嬉しい事ですが、
この環境をいつまでも維持して欲しいものです。


モートンイトトンボ♂
a0132656_5361932.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-08-21 06:32 |
2014年 08月 19日
家で見つけた虫 ② 「エゴヒゲナガゾウムシ」
またまた、息子が家で見つけた虫です。
今回は、エゴヒゲナガゾウムシです。
以前から家の周りで見かけていた虫ですが、中々撮影のチャンスがなく、
やっと今年撮ることができました。
体長は5mmほどで、顔が平らで白く、目は突出した先にあり、口吻は細長くなく、体はずんぐりしていて
何とも不思議な形をしたゾウムシです。
別名は、ウシヅラヒゲナガゾウムシ。
“馬面”とはよく聞きますが、“牛面”は聞かないですね(笑)
しかし、以前にカオジロヒゲナガゾウムシやクロフヒゲナガゾウムシをゾウムシらしくない、と書きましたが、
このエゴヒゲナガゾウムシはそれの上をいきますね(笑)

今回は、たまたま家で見つけた個体なので、雰囲気のある写真になりませんでしたが、
次はエゴノキで産卵しているシーンなどを撮りたいと思っております!

エゴヒゲナガゾウムシ♂
a0132656_2234310.jpg


続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-08-19 22:50 |
2014年 08月 17日
家で見つけた虫 「エゴツルクビオトシブミ」
息子が家の敷地で見つけたエゴツルクビオトシブミ♂。
この種は図鑑で見ていて、クビの長い♂は実際に見てみたいと思っていましたが、
まさか、家の敷地で発見できるとは・・・エゴノキ近くにあったっけな!?
しかし、実際に見てみると、以前撮影したヒゲナガオトシブミの方がクビが長い・・・。
期待していただけに、ちょっと残念な感じでした(´・ω・`)


エゴツルクビオトシブミ♂
a0132656_22344329.jpg

撮影日:2014/7/16

続きはこちらです
[PR]

by umajin | 2014-08-17 23:00 |